大和ハウス賃貸住宅の審査は厳しい?


大和ハウス賃貸住宅審査について、調べてみました。
大和ハウスの賃貸の審査は、他の賃貸住宅と違って、審査が若干異なることが多いようです。

大和ハウスの賃貸審査は厳しい?


大和ハウスの賃貸入居審査は厳しいという口コミがあります。実際にはどうなのでしょうか?
まず、賃貸審査は大和ハウスの関連会社、大和リビングが行います。
そして審査内容ですが基本的には年収や保証人、勤続年数、初期費用・家賃、過去の滞納暦などで審査します。
色々な口コミを見ていると、大和ハウスの賃貸住宅は上記の条件が、他の賃貸住宅より厳しいようです。

物件によって審査基準が違う


大和ハウスの賃貸住宅に限りませんが、物件によって審査基準は異なってきます。
一般的に、大都市の中心部、高額物件になってくると審査基準は厳しくなります。
収入面では、家賃は1/3以下で抑えたいところです。
また、仕事内容としては水商売の方は基本的に審査に通らないようになっているようです。

大和ハウス賃貸物件はアルバイトでも借りられる?


大和ハウス賃貸物件の審査で、アルバイトだと審査に通らないことが多いようです。
しかし、審査に通る方法はあるようです。
たとえば契約者と住む人を別にする契約などです。しかしこれは担当営業マンによってそれでOKという人もいれば、受け付けてくれないこともあります。
まずは、担当営業マンにアルバイトでも住める方法を聞いてみることをおすすめします。
posted by 大和ハウスの評判と口コミ at | 大和ハウスの賃貸住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大和ハウスの家は寒い?


大和ハウス寒いか心配、という方がいらっしゃいます。
せっかく家を建てたのに寒かったらどうしよう・・・と心配になりますよね。
寒いかどうかは、主観的な部分もありますが個人的には、大和ハウスは寒いとは思いません。

大和ハウスは断熱性が優れている


大和ハウスの断熱性は他のハウスメーカーよりも優秀だと思います。
それは、外張り断熱を採用しているからです。
最近は外張り断熱を採用しているハウスメーカーが増えてきていますが、外張り断熱にすると断熱性能が一気に高まります。
その結果、部屋の中が寒いということはあまり起りえないです。

大和ハウスは寒い、という人の理由


それでも、大和ハウスは寒いという人がある一定割合いることは確かです。
その方々の寒い理由として挙げられているのが、

・以前マンション(それも高層階)に住んでいた
マンションは一戸建てに比べて暖かいです。それも最上階に住んでいたとなるとかなり暖かい部屋(夏はとても暑い)に住んでいたことになります。
そこから大和ハウスの建物に引っ越しても暖かさを感じない、ということはあります。

・リビング階段など、暖かい空気が逃げていく設計になっている
いくら断熱性能が高くても、間取りで暖かさが逃げやすくなっていると寒いと感じる人はいると思います。

・全館空調のイメージがある
全館空調だと家のどこに行っても暖かいです。それに慣れている、もしくはイメージが強すぎると大和ハウスの外張り断熱程度では暖かを感じにくいということはあり得ると思います。

大和ハウスが寒いかどうかを体感してみる


いくら断熱性が高いと説明されても、やはり体感してみてこそわかることがあります。
大和ハウスでは、モデルハウス等で外張り断熱を体感できたり、見学会などで実際に大和ハウスで建てられた方の家にお邪魔できたりします。
そういう機会で実際に体感してみるのが一番安心できると思います。
posted by 大和ハウスの評判と口コミ at | 大和ハウスの鉄骨住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする